睡眠の質

身長を伸ばすために軽視することができないことは睡眠時間より睡眠の質です。
 
睡眠中欠かすことのできないのは成長ホルモンです。
 
成長ホルモンは、深い眠りについている時に多く分泌されると言われています。
 
深い眠りというのはノンレム睡眠のことを指しています。
 
どのタイミングで成長ホルモンが分泌されるのかと言えば、就寝してから大体30分が目安だと言われています。
 

もちろん、睡眠時間が足りない、睡眠不足になってしまうのは身長を伸ばすために決して良いとは言えません。
 

高校生から上の世代は7時間から8時間は睡眠をとった方が良いとされているのに対し、6歳以下の幼児に至っては、10時間以上が推奨されているなど年齢によって目安とされている睡眠時間があります。
 
社会人になると睡眠時間の確保はなかなか難しいかもしれませんが、その分、スムーズに眠りにつけるような工夫が大切になってきます。
 
寝る前にパソコンを見ない、携帯を見ないなど気をつければできることがありますね。

いますぐ『背を伸ばす体作り』をスタート!!

HGHデルタバランス

インターネット注文なら24時間いつでもOK!